欲しいと思った時が手に入れるチャンス

今の日本はそれほど好景気でも無いと感じている方はたくさんいらっしゃるでしょう。

銀行は市場に回るお金を増やす努力をしていますが、その恩恵を肌で感じられない方って実に多いでしょう。現実的に生活保護者の数は年々上昇傾向にありますし、会社の倒産というニュースも日常的にテレビやインターネットで見聞きします。銀行が景気を良くしようと思ってしている政策の恩恵は一体だれが受けているのでしょうか!?それはもしかすると銀行自身、もしくは大会社の社長さんや株主など、いわゆるお金持ちの人だけかもしれません。

一般層はまだまだ裕福でない人が多い。今の世はそんな一般層も様々な種類の人達に分ける事が出来ます。家族形態のバリエーションが増えました。例えばシングルマザーやシングルファーザーの数は増え続けています。そんな様々な家族の形に併せて、会社や銀行もサービス内容を豊かにするべきでしょう。サービス展開が豊富になり、様々なサービスを実際に受ける人が増えたとしたら、経済が今よりももっと活性化するでしょう。

例えば、持ち家を手に入れたいと考える時、どれほど高い収入があってもシングルマザーの場合はローンを借りにくいと言われています。もしかすると保証人になってくれる人がいないのかもしれません。もしかすると、借りた本人に何かあった時に返済できる人がいないと銀行が判断し、貸し渋りをするのかもしれません。でもシングルマザーだからこそ揺るぎない自分の財産を持ちたいと思っていて自然です。シングルマザーは頼るべき旦那さんがいないので、だから心の在り方が強い人が多いです。そんなママたちを応援してあげてほしい、応援する社会であってほしいものです。

今では女性向けのローンやキャッシングのサービスをしている銀行が出てきました。女性専用のサービスでお金を貸してくれるサービスが実際にあるという事をシングルマザーのみなさんは忘れずに、そしてそれを上手に使ってほしいです。http://xn--nbke3hm8a9dzlwe4532agxc.com/black/acom.html

 

買って後悔or買わないで後悔

買い物をするときに、買うべきか買わないべきか・・・と悩むことは誰にでも経験があることだと思います。

特にその「買い物」の値段が高額な時は本当に迷いますよね。高いお金を払って後悔したくないのは誰でも同じです。面白い話が合って、お金持ちほどケチなそうです。お金に汚い・・という事ではありませんが、お金持ち程お金を使うのが嫌なのだそうです。だから買い物するときは慎重なのだそうな。だからこそ、その人にお金が集まるのかもしれませんね。お金を湯水のように使う人のところにお金が集まるとは、どうも思えません。

お金の使い方がうまい人はそれだけしっかりとリサーチをしています。

ビジネスの上でお金の使い方がとても大胆に見える人でも、その裏ではしっかりとリサーチにリサーチを重ねていることが多いです。もしくは経験がビジネス上の判断を後押ししているかもしれませんが、その経験を手に入れるまでには様々な失敗を繰り返してその人の中での確固たるお金の使い方のルールが確立しているでしょう。いずれにせよ、お金の使い方がうまい人はリサーチをしっかりとしていたり、お金を使って成功を手に入れる経験をたくさんしています。お金って何もしていないと、入ってこないのが普通です。(遺産相続でもしない限りは…)活きるお金の使い方をするには、それだけの勉強が必要なのです。

そこでこの記事のタイトル。

買って後悔するか買わないで後悔するか…、の話です。もしあなたにお金の余裕があるのでしたら、買う方を選択してみても良いかもしれません。買ってからの後悔・・・後悔する理由は、自分の条件に当てはまらないからでしょうけれど、その条件にもしかするとほかの人が当てはまるかもしれません。つまり買ってから後悔するときは、その商品が転売できないかどうか考えましょう。それならお金がいくらか戻ってくる可能性がありますから。そしてその商品を買って失敗したことはあなたのお金の使い方の経験値を上げることが出来ます。勉強代と思えば済むこともありますよ。

欲しいものをどこまでガマンする?

欲しいものを我慢する必要があるのでしょうか!?

欲しいものが高額な場合は今すぐにそれを購入することは難しいでしょう。欲しいものに自分がどれほどお金を支払えるか・・・それはその人の稼ぎにもよるところですが、でも家族がいる人の場合はなかなか自分にまでお金が回らない事が普通です。でも欲しいものは欲しい!そんなとき・・・・どうしますか?

 

まずお金が必要な場合はそれを買うために貯金をしましょう。普段からしっかりと蓄えている方はこういう機会にそのお金を使ってみましょう。お金って結局は「天下の周りもの」。だからお金を使う事でまたお金が手元に返ってくるのです。だから本当に欲しいものがあって、それを買うだけのお金が手元にあるのなら買えばいいのです。

 

でもお金が無い場合はどうしましょうか!?買わない選択肢、あなたにはありますか?我慢できますか??

 

どうしても欲しいと思うものに巡り合って、それを買うか買わないか迷う時どのように気持ちの整理を付けるべきか…。そんな時は「投資をする」として考えて、それを買ったことによってどれほど他のものへの利回りがきくかを考えましょう。

代表的なものが「家」です。ほとんどの人が自分の変えるべき「家」を持っていると思います。その家は家族があなたに作ってくれた提供してくれた場所かもしれません。ではその家を次はあなた自身が買う・作ると考えた時、その買った家はどれほどあなたに恩返しをしてくれるでしょうか。例えば、今住んでいる家が借家の場合やアパートの場合は家を買うことによってローンを払い終わった時に固定財産として残りますよね。また今持っている家が自分の持ち家で、更に新しく家を購入し、それをビジネスとして人に貸す場合、その家賃が自分の収入として返ってきますよね。

 

お金は溜めるだけでなく運用する意味でも「回る」ものなので、お金を支払って何かを買ったときにそれが自分にどのような利益をもたらしてくれるかを考えてお金を使うのが賢い使い方です。・・・といっても人間、衝動買いするときもあります。何もかも自分の思い通りに行動出来ないものですよね。